ホーム>衣装レンタル約款>ふりそでcom約款
衣装レンタル約款

ふりそでcom約款

約款条項

 

お客様(以下、甲といいます)とふりそでcom(以下乙という・運営:株式会社やまとアニバーサリー)の衣装レンタルは、この約款(以下、本約款という)の定めによるものとします。

 

第1条  総則

甲と乙の衣裳レンタルは、御見積書その他の文書で特約を定めない場合に限り、本約款の定めるところによるものとします。

 

第2条  商品

1 乙が甲にお貸しする衣裳は御見積書の商品とします。

2 乙が甲に衣裳を発送したことをもって本衣裳レンタルに基づく商品のお貸出し(引渡し)がなされたものとし、乙のレンタル事業部発送センターに衣裳が着荷したことをもって甲による商品の返却がなされたものとします。ただし、契約期間中、振袖に関して甲は、何回でも貸出しを受け着用できます。

 

3条  期間

レンタル期間は御見積書に記載のご契約日から契約終了日までの期間とします。第5条の定めによる場合を除き、レンタル期間を変更することはできません。尚、契約の履行はレンタル事業部発送センターより商品を発送後となります。

 

4条  料金

1 乙は御見積書記載の料金を甲に請求し、甲はこれを乙が指定する日までに支払うものとします。

2 乙が発行したカタログ、または乙のホームページに掲載する料金表の金額と御見積書記載の金額に相違が存在する場合であっても御見積書記載の金額を優先します。

 

5条  レンタル期間の変更・延長

1 レンタル期間の変更・延長は、レンタル期間の終了日前に甲が申請して乙が承諾しない限りできません。

2 延長する場合、甲は乙に対し下記の延長料を支払うこととします。

① 延長期間が1ヶ月以内の場合は契約金額の5%

② 延長期間が2ヶ月以内の場合は契約金額の7%

③ 延長期間が3ヶ月以内の場合は契約金額の10%

④ 延長期間が3ヶ月を超える場合は、1ヶ月当たり契約金額の10%

 

6条  延滞

レンタル期間の終了日までに返却されない場合、1日につき5,000円を延滞料として、別途ご請求 申し上げます。甲が乙に連絡をし承認された場合はその限りではない。

 

7条  キャンセル料

1 通常レンタルの場合

・成人式レンタルの場合は成人式の前年の11月末までとさせて頂きます。

・それ以外のプランは、契約当日~出荷前まで無料。出荷後はキャンセル不可となります。
・カード払いの場合、期間に限らずキャンセル手数料をレンタル価格の10%申し受けます。

 

8条  商品の引渡し・返却

1 乙は甲に対し、乙の指定する場所で商品を引き渡し、甲は契約終了日までに、乙の指定する場所にご返却いただきます。

2 乙が甲に要する運送費等の諸経費は乙の負担とします。

 

第9条  商品の譲渡等の禁止

甲は商品を第三者に使用させ、譲渡し、担保に差し入れ、その他乙の権利を侵害するような行為をしないものとします。

第三者が商品について権利を主張し、あるいは保全処分や強制執行などにより乙の所有権を侵害するおそれのあるときは、甲は商品が乙の所有であることを主張すること(必要な証明も含む)により、その侵害防止に努めるとともに、直ちにその事情を乙に通知します。

 

10条  商品の滅失、毀損

1 甲が商品を破損し、あるいは香水・オーデコロン等の香りを付着させる等汚損した場合でも、補修や洗濯をしないで、そのままご返却ください。補修洗濯に必要な代金相当額を請求させていただきます。

2 返却までに生じた商品の毀損(原因のいかんによらず)や、滅失・盗難等の返却不能事態に対する全ての危険は甲が負担し、甲は代替商品購入代金相当額、または修理代金相当額、その他乙が被った全ての損害を賠償します。

3 商品の保管、使用中に甲が被った損害、または第三者に与えた損害については、事情の如何を問わず、乙は一切責任を負いません。

 

11条  免責責任

1 乙が下記各号の理由により衣裳レンタルを履行できない場合には、乙は甲に対してレンタル料金の範囲でこれを補償するものとします。

① 乙が破産、会社整理、会社更生手続及び民事再生手続等の倒産処理手続の申立てをした時。

② 乙が監督官庁よりその営業許可の取消しを受け、または営業を停止若しくは廃止した時。

③ その他乙の責に帰すべき事由により、レンタル契約を全く履行できない時。

 

2 乙の過失により甲が式典(成人式、卒業式に限る)に参加できず、それについて甲に何らの責に帰すべき事由がなかった場合には、乙は甲と協議して相当額を賠償するものとします。但し、賠償額は衣裳レンタル代金総額を上限とします。

 

3 天災地変、大幅な交通規制、公共サービスの停止等で、お支度の遅滞または不能を生じた場合、速やかに甲に通知します。―但し、これにより甲が損害を被っても、乙及び乙の提携業者は何ら賠償の責を負わないものとします。

 

 

12条  通知・報告義務

1 甲は、お客様欄の内容に変更があったときは、その旨を遅滞なく乙に通知します。

2 乙から要求のあったときは、甲はいつでもその商品の保管、使用の状況について乙に報告するものとします。

 

13   個人情報利用に関する同意

甲は、乙が甲の個人情報を次の目的に利用することに同意します。

1 本契約等の履行

2 本契約を含む甲との取引の与信判断及び与信後の管理

3 第三者に対する乙の事務(運送業務事務等)の業務委託

4 債権管理回収業に関する特別措置法に基づき、選定した債権回収会社に対する、本契約に関する債権回収の委(債権譲渡を含む)

5 マーケティング活動、商品開発、商品・役務等に関する案内

 

14   合意管轄

甲及び、乙は、本契約について訴訟の必要が生じたときは、乙(店舗を含む)の所在地にある裁判所を、第一審の専属的管轄とすることに合意します。

ページ上部へ