ホーム>ふりそで.comスタッフブログ>ふりそで豆知識

ふりそで豆知識

振袖と桜柄の話

振袖には桜の柄が描かれていることが多いです。桜の花は昔から振袖や着物の柄に多く取り入れられ、愛されている柄です。
 

桜の柄の意味

春に芽吹き一斉に咲く桜は縁起のいい花とされています。

「新しい門出」「豊かさ」といった意味があります。

桜柄の振袖ピンク 桜柄の振袖水色
桜柄の振袖黒地
 桜柄の振袖白
桜柄の振袖黄色 桜柄の振袖赤


 

桜の季節感

振袖や着物は季節感をとても大事にするお召し物。

なんだかとても難しい世界ですよね・・・。
ということは「桜は春に咲く花だから、春しか着られないのか?」

と思ってしまいますが、

桜の花は一年中着てもよい柄とされています。

 

結婚式では、“桜散る”というイメージから、

桜柄の着物は控えるべきだという意見も少なからず存在しますので

気になさる方は古典柄など、古くから愛されるおめでたい柄が沢山描かれた着物を

着られるのをおすすめします。


 

 

関連記事
ページ上部へ