ホーム>ふりそで.comスタッフブログ>振袖のたたみ方>振袖のたたみ方
振袖のたたみ方

振袖のたたみ方

振袖のたたみ方.jpg

線裁ちの着物は 、四角に折り畳むことができます。

縫い目に沿って正しくたためば、かさばらずシワもほとんどつかないので、

次にお召しになるときもきれいに着ることができます。 お手入れの第一歩として、振袖の畳み方をご紹介します。

振袖のたたみ方(本だたみ)


 

手順1

衿を左、裾を右にして振袖を広げ、 手前に来る下前(手前側)を脇縫い線で内側に折ります。

201910215557.jpg

手順2

衽(おくみ)線に沿って、衽を手前に折り返します。 衿は内側に折って両角を三角形にして内側へ。

201910215917.jpg

手順3

上前と下前の衿と衿先裾が揃うように、上前を折り返して下前に重ねます。

手順4

上前の脇縫いを、下前の脇縫い線に重ねます。

同時に両袖も重ねると、ちょうど背縫いで折り畳んだ状態になります。

2019102151325.jpg

手順5

上前側の袖を、袖付け線から身頃の上に折り返します。 次に裾を持って身頃を二つ折りにします。

2019102151416.jpg

手順6

肩山と身頃の下を持って、全体を裏に返し、下前側の袖を身頃の上に折り返します。

2019102151844.jpg

長襦袢のたたみ方(振袖用)

長襦袢の畳み方は着物と少し異なります。

肌着類もこの畳み方で片付けると良いでしょう。

正しく畳めば、かさばらずシワもほとんどつかないので、次にお召しになるときにもきれいに着ることができます。

お手入れの第一歩として、長襦袢の畳み方をご紹介します。

手順1

衿を左側にして広げ、上前が上になるようにして、脇縫い線で内側に折ります。

2019102152458.jpg

手順2

次に下前の脇縫い線が、身頃の中央になるように折ります。

2019102152025.jpg

手順3

下前側の袖を、袖口が折り目から1〜2cm内側になるよう折り返します。

201910215215.jpg

手順4

上前も下前も同様にして内側に折り、上前側の袖を折り返します。

2019102152148.jpg

手順5

裾を持ち、二つ折りにして重ねます。

2019102152213.jpg

手順6

左側に衿が少しでます。

2019102152338.jpg

 


ふりそで一覧を見てみる>>

ブログ記事一覧へ>>

お問い合せはこちら>>


 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.furisode-online.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/24

ページ上部へ