ホーム>ふりそで.comスタッフブログ>結婚式お呼ばれふりそで>今さら聞けない!? 結婚式で振袖を着るときのお悩み解決
結婚式お呼ばれふりそで

今さら聞けない!? 結婚式で振袖を着るときのお悩み解決

結婚式に振袖で参列1.jpg

結婚式にはこんな暗黙のルールがあります

 

成人式で振袖を着るときは、自分の好きなものが着られました。
ですが結婚式のお呼ばれとなると、そういうわけにはいきません。
そんなわけで、知っておくべき結婚式のゲストとしてのマナーをまとめてみました。

振袖で結婚式に出られるご予定の方は、確認の意味も込めて、ご一読くださいね。
案外、知らないことがあるかもしれません。

 

 

何色を着るべき?

事前に先方に確認して、花嫁とかぶらないカラーを選ぶのがマナー。

そして、年齢に相応しい色・柄を選びましょう。

 

20代前半なら、華やかさを大事に

派手すぎず、ご自分に似合うと思えるようなら、成人式で着た振袖でもよいでしょう。

20代半ばなら、場の雰囲気を意識して

カラーを押さえ気味にしつつ、柄の華やかなものを。

20代後半なら、年齢にふさわしいものを

人の目を意識して、上品に着こなしましょう。


ドレスでは白・クリーム系のカラーはダメですが、ドレスと違って振袖は色や柄が入っているものがほとんどなので、白・クリーム系のカラーでもOK
但し、色や柄が華やかなものを選びましょう。
黒系は親族と間違われることがあるので、避けた方が無難なお色
どうしても黒系を着るのならば、柄が華やかで黒留袖とひとめで区別がつくものにしましょう。


 

どんな柄にすべき?

振袖の柄はカラーより悩んでしまいがちですが、お祝いの席ですのでおめでたい「古典柄」が一番喜ばれます。
金糸・銀糸が織り込まれたもの箔が多いものもよいですね
モダンでスタイリッシュな柄や、控え目にした方がよいからといって地味過ぎる(柄が少なすぎる)ものは避けた方がよいでしょう。


 

ヘアアレンジは?

ヘアはきちんとアップに纏めて清潔感を

カジュアルに肩に流したりするのは、格式高い席にふさわしくありません。
ですが成人式の時の様に盛りすぎて、花嫁より目立つことのないように
髪飾りは花嫁と被りやすい花よりも、パールなどがおススメです。


 

カジュアルとフォーマルの違い

中にはきもの好きの方がいらして、お洒落としてレースの衿や刺繍の入った足袋などをお持ちかもしれません。

ですが、フォーマルな場ではそれらはNG
「格式」を重んじてください。
難しく考えなくても、振袖を買ったときに一緒に買った小物類、もしくはレンタル振袖のフルレンタルプランのセットを使えば大丈夫。


 

アクセサリーはつけてよいの?

振袖のお洒落としてアクセサリーはどこまでつけてよいのか、悩むかもしれません。
基本的にOKなのは「指輪だけ」だと思ってください。
イヤリングは大振りなものはNGですし、小振りなものでも出来れば避けた方が無難です。
腕時計は「終わる時間を気にする」という意味で、およばれの場には相応しくありません。


 

ネイルはしていい?

勿論、爪先までお洒落に拘るのは悪いことではありません。
但し、振袖を上品に着こなすためには、控え目にするのがベスト。
派手で長い爪は振袖には合いません・・・!


 

花嫁とかぶらないのが大事

振袖には「大振袖」「中振袖」「小振袖」と3種類あり、それぞれ袖丈の長さが違います。
一般的な「振袖」は「大振袖」に相当します。
結婚式で花嫁が「大振袖」を着る場合があります。
その場合は色・柄が被らないか事前に確認した上で、花嫁より控え目になるようにしましょう

 


ブログ記事一覧へ>>

およばれレンタルとは

結婚式のおよばれ振袖一覧はこちら>

ふりそで一覧を見てみる>>

お問い合せはこちら>>


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.furisode-online.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/81

ページ上部へ