ホーム>ふりそで.comスタッフブログ>お呼ばれふりそで>結婚式およばれの「しあわせ振袖」選び
お呼ばれふりそで

結婚式およばれの「しあわせ振袖」選び

201910318595.jpg

 

大切な方の結婚式のおよばれ。

振袖は、未婚女性が着られる着物の中で、一番格式の高い「第一礼装」です。

和装で出席すると、服装から「祝福の気持ち」を伝えることができ、

また、会場が華やかになるので喜ばれることも多いようです。

 

・どのような基準で選んだらよいの?

・喜ばれる選び方は?

といったところをお伝えしていきます。

 

 

「およばれ振袖」のルール

①花嫁と同じ色の色は避ける

赤や白の着物は避けるのが一般的ですが、

結婚式では、白の着物もOK

白無垢とは被ることがないからです。

振袖で参加することに決めたら花嫁にその旨を伝えて、花嫁と被らない色、柄を選びましょう。

華やかさを演出できる振袖。

海外のブライズメイドのように花嫁を祝福できるよう、相談してみてください。

kekkonshiki01.jpg

②控え目な色を選びましょう

昼のパーティでしたら淡いパステル色。

夜のパーティーでしたら金糸など入ったデザインもおすすめです。

kekkonshiki02.jpg

③会場にあわせて

パーティーがカジュアルなのか、フォーマルなのかも振袖選びのポイント

せっかく振袖を着たのに、会場の雰囲気に合わなかったのではもったいないです。

どんな会場で行われるかによって、振袖、訪問着、ドレスにするのかなど選ぶことが失敗しないポイントです

kekkonshiki05.jpg

④アクセサリーは着けず清楚に

着物の時は、アクセサリーをつけず、髪型は清楚にします。

装飾のない平たい指輪はつけていてもよいとされています。

ヘアアクセサリーも、着物にあった派手すぎないものにしましょう。

 

2019104123649.jpg

 

ふりそでcom過去振袖レンタル人気着物

F40173.jpg

赤ですが落ち着いた色みの赤をセレクト

裾も茶色なので、花嫁さんと色が被らないならOK

商品ページへ

F40104.jpg

濃い緑色×茶色の着物

柄は華やかですが、色味で控え目にご着用いただけます。

商品ページへ

F40148.jpg

クリーム色の着物。

裾に濃い紫色があることで、落ちついて見えます。

モダンな柄ですが上品に映える一枚

商品ページへ

F40088.jpg

ピンク色・クリーム色の着物。

裾に濃い紫色があることで、落ちついて見えます。

モダンな柄ですが上品に映える一枚

商品ページへ

F40161.jpg

白に華やかな柄がはいった一枚

白色ですが、幸せを古典柄が多く描かれ場を華やかに演出します。

商品ページへ

およばれレンタルとは

201910111463.png

結婚式のおよばれ「しあわせ振袖」一覧はこちら>

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.furisode-online.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/131

ページ上部へ