ホーム>ふりそで.comスタッフブログ>2016年1月

2016年1月

高貴な印象 振袖紫系!

こんにちは!

今日は紫系の振袖の情報をお伝えしたいと思います!

紫系の振袖はどんな印象をお持ちですか?

成人式の振袖紫系について

紫系の振袖は、

ヘアーやメイクで格好良くもなり、

高貴なイメージにもなる人気の高い色系です!

しかし、ひとつ間違えると格好悪くもなってしまう色ですので注意が必要です!

紫系の振袖は、

丸顔の方、面長の方、色白の方、色黒の方、

どんな方にも似合うタイプとなります。

 

紫色は、ヘアメイクでシャープな感じにできる反面、老けたイメージに陥る場合があるのでヘアメイクさんの技量に大きく左右されてしまいますので、

ヘアメイクは事前に打ち合わせをしっかりしてからお願いしましょう!


振袖用のヘアメイク



メイクは振袖と同じ同系色(紫系)は避けることをオススメします!
ピンク系・赤系のメイクも出来れば避けます。

 

ベージュベースの落ち着いたメイクがおすすめです!

紫系の振袖は、

ご身長が高くても小柄でもどちらでも着こなせる事ができる万能カラーです!


但し、柄付けはご身長に合わせたボリュームのモノを選んでください!

小柄な方が柄にボリュームがありすぎると、よりご身長が小柄に見えてしまいますので注意が必要です。

成人式の紫系振袖ヘアスタイル


ヘアスタイルは、レトロ、古典的な感じもOK

アップでアクセントを付けると良いですね!

モダンな柄付けの振袖の場合は、髪の毛を少し明るめ(茶)にして全体をスタイリングすると、格好良い女性を演出出来るでしょう!

紫系の振袖は、モダンな振袖以外はなるべく控えめにして、

おしとやかな方向に持っていくと、高貴な印象に繋がります。

紫系振袖の特徴
色合い 寒色
オススメな方 丸顔の方、小顔の方、色白の方、色黒の方
ヘアスタイル レトロ、古典、ドレッシー
メイク 紫の同系色は避ける、ベージュベースで
その他 モダンな振袖をお選びになった場合は髪のカラーを明るめにすると
よりおしゃれになるでしょう。

紫系の振袖はこちら

 

☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆:;;::;;:*

> ふりそで.comが選ばれる理由

> ご注文から返却まで

> 大人気「おためしプラン」

> 振袖お役立ち情報

> お問い合せ

☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆:;;::;;:*:

 

 

振袖のたたみ方

お振袖のご着用後は、そのままクローゼットにしまい込んではいませんか?
 


レンタルの振袖なら返却するだけなので、後始末に大きな問題はありませんが、

ご購入されたお振袖で、ご自宅に保管される場合は、そのまましまうのではなく、

 

必ず「陰干し」をいたしましょうね!
 

「陰干し」は風通しの良い日陰(直射日光が当たらない位置)に吊って干しましょう!

「陰干し」をせず直接保管してしまうと、

カビの発生の原因になったり、

色が変色したり黄ばんだり(特に裏地の白生地)する原因になります!

振袖は高価ですから、次も気持ちよくご着用が出来るようにしたいものですものね!


お振袖のたたみ方をご存じない方が多いようです。

洋服と違って少し面倒ですが、

今はYouTubeなので分かり易く「振袖のたたみ方」を動画で沢山紹介されていますので

動画を見ながら簡単にたためる時代になりました!


YouTubeで「振袖たたみ方」と検索すると1,000件以上ヒットしますよ!

是非ご参考にしてみてください!

https://www.youtube.com/

 

 

振袖のたたみ方

線裁ちの着物は 、四角に折り畳むことができます。

縫い目に沿って正しくたためば、かさばらずシワもほとんどつかないので、

次にお召しになるときもきれいに着ることができます。 お手入れの第一歩として、振袖の畳み方をご紹介します。

振袖のたたみ方(本だたみ)


 

手順1

衿を左、裾を右にして振袖を広げ、 手前に来る下前(手前側)を脇縫い線で内側に折ります。

201910215557.jpg

手順2

衽(おくみ)線に沿って、衽を手前に折り返します。 衿は内側に折って両角を三角形にして内側へ。

201910215917.jpg

手順3

上前と下前の衿と衿先裾が揃うように、上前を折り返して下前に重ねます。

手順4

上前の脇縫いを、下前の脇縫い線に重ねます。

同時に両袖も重ねると、ちょうど背縫いで折り畳んだ状態になります。

2019102151325.jpg

手順5

上前側の袖を、袖付け線から身頃の上に折り返します。 次に裾を持って身頃を二つ折りにします。

2019102151416.jpg

手順6

肩山と身頃の下を持って、全体を裏に返し、下前側の袖を身頃の上に折り返します。

2019102151844.jpg

長襦袢のたたみ方(振袖用)

長襦袢の畳み方は着物と少し異なります。

肌着類もこの畳み方で片付けると良いでしょう。

正しく畳めば、かさばらずシワもほとんどつかないので、次にお召しになるときにもきれいに着ることができます。

お手入れの第一歩として、長襦袢の畳み方をご紹介します。

手順1

衿を左側にして広げ、上前が上になるようにして、脇縫い線で内側に折ります。

2019102152458.jpg

手順2

次に下前の脇縫い線が、身頃の中央になるように折ります。

2019102152025.jpg

手順3

下前側の袖を、袖口が折り目から1〜2cm内側になるよう折り返します。

201910215215.jpg

手順4

上前も下前も同様にして内側に折り、上前側の袖を折り返します。

2019102152148.jpg

手順5

裾を持ち、二つ折りにして重ねます。

2019102152213.jpg

手順6

左側に衿が少しでます。

2019102152338.jpg

☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆

> ふりそで.comが選ばれる理由

> ご注文から返却まで

> 大人気「おためしプラン」

> 振袖お役立ち情報

> お問い合せ

☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆

 

2016216154955.jpg

 

ページ上部へ